夜中にブレーカーが落ちて漏電ブレーカーが壊れて修理してもらった件

なっぱ

虫の知らせなのか夜中に目が覚めてトイレに行ったら電気が点灯しなくて困りました(´;ω;`)

関東地方も今朝は一段と冷えて寒い朝でした。

AM3:00頃、トイレに行きたくて目が覚めて用を足しに起きました。

なぜかいつもと部屋の雰囲気が違うなと感じてトイレに行くと電気が点灯しません。

球切れかな?と朝起きてから確認すればいいやと、そのまま布団に戻って横になったのですが・・・

何か違和感を感じてブレーカーを確認しに行きました。

真っ暗の中、スマホの光を頼りブレーカーを見てもいつもと変わらず「入」スイッチになっています。

でも、1つだけブレーカーが落ちていました。

いつもは触らない、漏電ブレーカーってやつです。

入りにいれてもすぐに落ちてしまい、部屋の電気がまったくつきません。

今日は子供も学校だし、朝電気がつかないと困る~

パソコンも使えないので、スマホで原因と解決方法を検索しました。

漏電ブレーカー 入らない

家電製品が漏電を起こして、漏電ブレーカーが落ちている可能性があることがわかったのですが、いろんなコンセントを抜いて入り切りしても漏電ブレーカーが戻りません。

さらに検索してみると、どうもこの状態は「漏電ブレーカー自体が壊れている」ようです。

うちは賃貸アパートなので、24時間体制の管理会社にすぐ電話しました。

修理手配をすぐしてくれたので、朝6時には東電の方が家まで来てブレーカーの修理をしてくれました。

漏電ブレーカーが入りにならなかった原因は漏電ではなく、ブレーカーの老朽化で故障していたようでした。

夜中に気づいていつも起きる時間までに電気が使えるように修理にきてもらえてとてもラッキーだったような気もするけど、ブレーカーが壊れてたこと自体はついてない(-_-;)

でも、賃貸住宅だから入居者に非がない場合は修理費は大家さん持ちになるけど、ブレーカーの交換修理って15000円以上するらしいです。

さらに時間外、夜中だと出張費はさらにかかります。

なので賃貸住宅に住んでいる方は、緊急でも一度管理会社か大家さんに連絡はした方がいいですね。

どこに修理依頼していいかもわからなし、壊れていなかったら出張費だけ自腹になりかねませんから。

30年近く使っているブレーカーは寒くなるとエアコンとかの電力消費で急に負荷がかかって故障が出やすくなるので、要注意ですよ。

もし、ブレーカーが落ちて復旧できない場合はブレーカーが故障している可能性もあるので、東京電力のHPで状況を確認してから修理依頼をしてくださいね。

東京電力HP⇒http://www.tepco.co.jp/ep/

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です